ペインクリニックとは/痛みとは


ペインクリニックって?

ペイン:pain→痛み クリニック:clinic→診療所という意味です。ペインクリニックは「痛み」を中心に病を診ていく「診療科」です。
また、痛み以外の病気でペインクリニック治療が有効な顔面神経麻痺などの治療も行っています。
痛みのために死ぬような事はありませんが、自分の痛みは誰も解ってくれません。人と比較する事も共有する事も出来ません。このように、痛みのために寂しい思いをしないようにこれを専門に診断治療する医学の分野をペインクリニック科と言います。そのなかで、代表的な病気の1つ、帯状疱疹神経痛を紹介します。

帯状疱疹神経痛


帯状疱疹とは

だれでも子供の頃に水ぼうそうにかかったことがあると思います。水痘ヘルペスウイルスに感染する事によりかかります。2週間ぐらいで治ってしまいます。おたふくかぜやはしかと同様に一回罹ると免疫が出来て、もうかからないと言う事は、ご存知と思います。しかし、水ぼうそうのウイルスは、水ぼうそうが完全に治ってからも体の神経の中に潜んで しまい、ずーっと成りを潜めています。段々と、年をとったり、病気になったり、季節の変わり目で体が疲れたりして抵抗力が落ちてきた時などに、ここぞとばかりに潜んでいる神経を伝わって皮膚にいっせいに出てきます。何の原因もないのに、いきなり背中や顔、足が夜も眠れないくらい痛くなり、1〜3日ほど経つと今度は、その痛い場所に合わせて、独特な小さな水みずぶく膨れが帯状に、また決まったように体どちらか一方に出てきます。(写真1、2)

写真1
写真2

●かかりやすい年齢
60歳を中心にだいたい45歳から上の年齢でよく見られます。しかし、過労、病気などで体が弱っていると若い方でもなる事があります。

●どこに出来るか
胸や背中が最も多く、顔、頭部も出来やすい場所です。

●発症したときの治療
まず、第一にウイルスの増殖を抑える薬:抗ヘルペスウイルス薬を内服します。5日から1週間程度飲んでもらます。痛みも、皮ひ しん疹も 段々に治って行きます。又、痛みが強い場合、痛み止めの薬もいっしょに内服します。あまりにもひどい時は、入院して点滴で投薬します。
痛みがひどい場合、神経ブロック治療を行う場合もあります。次に説明します帯状疱疹後神経痛にならないためにも、出来るだけ早くきちんと治療する事が大事です。

帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹は、2〜3週間ぐらいで皮膚の腫れや痛みも引いて治ってしまうのですが、なかには痛みだけがなかなか良くならないで激痛が尾を引く事があります。それを、帯状疱疹後神経痛と言います。みんながみんななるわけではないのですが、とっても痛くて大変です。これには、なりやすい人がいます。まずは、年齢が65歳以上、たいへんひどい帯 状疱疹の皮疹が出来てしまった場合です。また、帯状疱疹になった時、夜も眠れないくらいの痛さが続いたり、抗ヘルペスウイルス薬を飲んでも痛みが軽くならない場合、帯状疱疹後神経痛になってしまう事が多いようです。この痛みは厄介なもので、一日中休むまもなく続き、ひどい 場合は、年単位で続く事もあります。治療は、内服薬、神経ブロック 治療などを組み合わせて行います。内服薬も、鎮痛薬ばかりでなく、うつ病の薬やけいれんの薬をうまく組み合わせて使います。いずれにしても、早く治療する事が大事ですので、我慢していないで、かかりつけ医に相談してみてください。かかってしまった時の日常生活は、体をゆっくり休め、睡眠と栄養を十分にとる事が大事です。また、痛みに寒さが堪こたえますので、患部や体を暖かくする事が大事です。
最後に良く聞かれる事ですが、帯状疱疹のウイルスが移って他の人が帯状疱疹になる事はありません。しかし、帯状疱疹のウイルスは、水ぼうそうのウイルスと同じですから、水ぼうそうにかかった事のない子供に移って水ぼうそうになる事はあります。ただし、移る次期は限られていて、帯状疱疹が水膨れの時だけです。かさぶたになってしまえば移りません。また、ふつうは、帯状疱疹は、2回はかかりません。ごくまれに、2回、3回とかかる人がいますが、普通は1回と思っていただいてけっこうです。

↑ ページの上部へ